9 Tips for getting a better TOEIC score.

TOEICのスコアアップのための9つのコツ

| - Tim Lake |

TOEICのスコアアップのための9つのコツ

Love it or hate it, TOEIC is one of the features of learning English in Japan, and for many people it is necessary for career advancement. Everyone is looking for ways to improve their score, usually with the least amount of effort, so we’ve put together nine tips for improving your score on TOEIC… but some of them do require some effort. We’ll start with the ones that require the least effort.

好むと好まざるとにかかわらず、TOEICは日本での英語学習における代表的なものだと言えます。そして、多くの人にとってはキャリアアップに必要なものでしょう。そこで今回は、TOEICのスコアアップのための9つのコツをまとめてみました。ご紹介するものの中には、多少の努力を必要とするものもありますが、、最小限の努力でできるものから見ていきましょう。

 

1.) Do Part 7 first! - Part 7から始めよう

This is the advice I give to everyone. An exceedingly common mistake is for people to spend too much time thinking about the answers to Parts 5 & 6, and they usually run out of time to complete Part 7. This is about time management, but it is also important because Part 7 is longer and carries more questions than Parts 5 & 6. If you don’t complete the test, you will lose marks. Do Part 7 first, then go back and do Parts 5 & 6 quickly.

私はいつもこれを皆さんにアドバイスしています。よく聞く失敗として、Part5と6の答えを考えるのに時間をかけすぎてしまい、Part7に時間が足りなくなってしまうということが挙げられます。これはタイムマネジメントに関する事ですが、問題の長さと問題数の多さという点でも、Part 7はPart 5と6よりも時間がかかる、というのは重要な事実です。もしテストを全部終えられなければ減点となりますから、まずPart 7をやってからPart 5と6に戻って素早く回答するようにしましょう。

 

2.) Don’t read the texts - 文章は読まない

Again, this is for Part 7 where time management is essential. A common mistake for test takers is to think that you must read each text completely! This is wrong, don’t read the whole text. Read the questions first, then try and find the information in the text. Only read what you have to, to get the answer.

繰り返しにはなりますが、時間管理が肝心となるPart7についてのコツはこれです。各文章は全て読まなければならない、と思い込んでいる人が良くいるのですが、実はこれは間違いです。最初に問題を読んでから、文章中の答えに関する情報を探してみてください。必要な部分だけを読み、答えを導き出しましょう。

 

3.) Notice the ways the test tries to trick you - ひっかけ問題に注意する

There are several common ways that the test tries to trick you, especially in the listening section. One is the use of homonyms - words that sound the same but have different meanings - for example sale and sail. Another is using the same word in the question and the answer but in a different way, for example - I bought it in the sale / It's not for sale. And third is by using words that sound similar, for example work/walk. If you are aware of these common tricks they are easier to avoid.

出題者側が受験者をひっかけようとする一般的なやり方が、特にリスニングパートで見られます。一つは同音異義語の使用です。同じように聞こえても意味が違う単語、例えばsaleとsailです。もう一つは、同じ単語を問題と解答の中で違う方法で使うことです。例えば I bought it in the sale / It's not for sale。そして3つ目は、例えばwork/walkのように、似たような単語を使うことです。これらの一般的なトリックは、知っていれば簡単に回避することができます。

 

4.) Pronunciation will help with listening - 発音はリスニングに役立つ

Funnily enough working on pronunciation also improves your listening. Because you practice making the different sounds, you are more able to hear the differences. For Japanese learners this first means working on sounds that aren’t in Japanese, or are slightly different - L, R, th, p, v, b. After that, working on connected speech and weak forms is going to help you with those faster paced dialogues. Also practice minimal pairs - words that have only one sound different - like: light/right, mouse/mouth, very/berry, wet/wait.

発音の練習をすることで、リスニング力も向上します。発音の練習により、音の違いを聞き取れるようになるのです。日本人の英語学習者にとっては、まず、日本語にはない音や、少し違う音(L, R, th, p, v, b)を練習することが大切です。そのあとで、連続発音と弱形に取り組むことで、速いペースの会話にもついていけるようになるでしょう。また、ミニマル・ペア(一つの音のみが異なる、一対の単語のペア)の練習もしましょう。例えば light/right, mouse/mouth, very/berry, wet/waitなどです。

 

5.) Focus on learning vocabulary - 語彙の習得に力を入れる

Understand the basics of grammar is important, but studying lots of grammar is not going to have a big effect on improving your TOEIC score. However, learning vocabulary is. A weak point for most language learners is that they don’t have enough vocabulary. It is especially true in TOEIC, which uses lots of different words. First, make sure you know the most common 3,000 words in English, and then, work on more business or academic orientated vocabulary. You need to also remember word families - words that all share the same basic root but have a verb, noun, adjective and adverb form.

基礎的な文法理解は重要ですが、文法をたくさん勉強してもTOEICのスコアアップにあまり効果がありません。しかしながら、ボキャブラリーの習得は重要です。ほとんどの語学学習者は、語彙力不足です。特に様々な単語をたくさん使うTOEICではそれが顕著です。まず、最も一般的な3,000語の単語を知っていることを確認し、ビジネスやアカデミックな語彙を増やしていきましょう。また、ワードファミリー(基本的な語根は同じで、動詞、名詞、形容詞、副詞の形を持つ単語)も覚えておく必要があります。

 

6.) Practice paraphrasing - 言い換えの練習

Paraphrasing is a great skill, and one that is useful for improving your English. But what does paraphrasing mean? It means saying or writing the same thing using different words. The words change but the essential meaning is the same. This is possible, in English particularly, because there are lots of synonyms. When you learn new words try and find a synonym too. More specifically on the TOEIC test, the correct answer in both the listening and reading section often uses a different word with the same meaning as what you hear or read in the text. For example - billing / invoicing; staff / employees.

言い換え(Paraphrasing)ができるというのは素晴らしい事で、英語力の向上にも役立ちます。でも、言い換えとは何を意味するのでしょうか?それは、別の言葉を使って同じ事を言ったり書いたりすることです。言葉は変わっても、本質的な意味が同じになることです。特に英語には同義語が多いため、これができるのです。新しい単語を覚えるときには、同義語も探してみましょう。具体的にTOEICテストでは、リスニングとリーディングの両方のセクションの正解には、文章中やリスニングで使われている単語と同じ意味を持つ別の単語、が使われていることがよくあります。例えば、billing / invoicing、staff / employees、などです。

 

7.) Practice, practice, practice - 練習、練習、そして練習

It’s simple, if you want to get better, you have to practice. With tests like TOEIC, before it can give even a basic reflection of your English ability, you have to minimise the effect of the test itself. This means you have to know how the test works and how to take the test. If you haven’t taken the test for a while, and especially if you have never taken the test, try to do as many complete practice tests as you can before test day.

簡単なことですが、上達には練習が欠かせません。TOEICのようなテストでは、英語力を計る以前に、テスト自体の影響を最小限に抑える必要があります。つまり、このテストがどんなもので、どのように受けるかを知っておく必要があるということです。しばらくテストから遠ざかっている人、特に一度も受けたことがない人は、テスト当日までにできるだけ多くの模擬試験で練習をしておきましょう。

 

8.) Listen and read a lot - 多聴・多読

This isn’t just for improving your TOEIC score, this is for learning English. One of the things that is often neglected in people trying to learn English in Japan, is the input side. Whereas most people are taught and study grammar at school, by far the best thing you can do is read a lot of English books. The second best thing is listen to lots of English. If you listen and read extensively, not only will this reduce the need to study grammar, it will make you much more comfortable with the skills on the TOEIC test. Oh, and reading a lot also helps your speaking.

これはTOEICのスコアアップのためだけではなく、英語学習そのものに言えることです。日本で英語を学ぼうとしている人はインプットを軽視しがちです。多くの人は学校で文法を教わり勉強しますが、最善の方法は英語の本をたくさん読むことです。次に良いのは、英語をたくさん聞くことです。たくさん聞いてたくさん読めば、文法を学ぶ必要性が減るだけでなく、TOEICテストのスキルが格段に身につきやすくなります。あ、それから、多読はスピーキングにも役立ちます。

 

9.) Take a TOEIC course in English - 英語で行われるTOEICコースを受講する

I’ve never quite understood the value of being taught TOEIC in Japanese - it is an English test! For many, it might seem like a simple shortcut, and a good Japanese teacher will be able to give you useful tips, but in the long run, it won’t help you actually learn English - and it could be counter productive. I understand that TOEIC is a chore for many, but the more you understand and can use real English, the better your TOEIC score will actually be. Learn English and then apply it to TOEIC. Don’t sell yourself short - if you want a better TOEIC score, then get better at English.

私には、日本語でTOEICを教えてもらうことの価値がよくわかりません。多くの人にとっては簡単で近道に見えるかもしれませんし、良い日本語教師なら有益なヒントを与えてくれるでしょう。しかし長い目で見れば、実際に英語を学ぶのには役に立たないでしょうし、逆効果かもしれません。多くの人にとってTOEICは面倒なものだと思いますが、実際の英語を理解して使えるようになればなるほど、TOEICのスコアは上がっていきます。英語を勉強し、それをTOEICに応用することにしましょう。あなたなら出来ます - TOEICのスコアを上げたいのであれば、まずは英語をもっと得意にしましょう。

戻る