A, An and The - Are you confused?

A, Anと The

| - Tim Lake |

a an と the

Knowing when to use a, an and the, is one of the hardest things for Japanese learners, partly because there isn’t an equivalent in Japanese. It came up again in a lesson and so we thought we give you a quick explanation.

“a”, “an”、そして”the”の適切な使い方を理解するのは、日本人の英語学習者にとって最も難しいことの1つです。これらに相当する日本語がないことが理由の一つかもしれません。レッスンでもまた話題になりましたので、ここで簡単な説明をしたいと思います。

 

Like many things in English it is best understand as moving from the general case to the specific one, but there can be quite a difference in meaning depending on whether you use a, an, or the.

他多くの英語を理解する時と同様に、一般的なケースから特定のケースへと理解を進めるのが良いのですが、a、an、またはtheのいずれを使用するかによって、その意味にはかなりの違いが出てきます。

 

This example, which I found in a book on Intercultural Communication in Japan, makes it quite clear:

下記の例文は、私が日本の異文化間コミュニケーションに関する本の中で見つけたものですが、この点が非常に明確になっています。

 

1. “I’m going to dinner” - In this sentence, “dinner” is the general meal we have every night and the speaker is just telling the listener their plans. This is the most general case.
「I’m going to dinner」 - この文章では、「夕食」は私たちが毎晩食べる一般的な食事のことを指し、話し手は聞き手に対し予定を話しているだけです。 これが最も一般的なケースです。

 

2. “I’m going to a dinner” - In this sentence, “a dinner” has become more specific. The speaker is telling the listener they are going to a specific event that includes a meal. For the listener this is new information.
「I’m going to a dinner」 - この文章では、「夕食」がより具体的になりました。 話し手は、食事を含めた特定のイベントに行くことを聞き手に伝えています。聞き手にとって、これは新しい情報です。

 

3. “I’m going to the dinner” - In this sentence, “the dinner” is very specific. The speaker and the listener both know what the event is that the speaker is talking about.
「I’m going to the dinner」 - この文では、「夕食」は非常に具体的です。 話し手も聞き手も、話し手が話しているイベントについてを認識しています

 

The basic different between a/an and the, is that “a/an” is for general things and “the” is for specific things. When we use “the”, it means we both know the specific thing being talked about.

a/anとtheの基本的な違いは、「a/an」は一般的なことを表し、「the」は特定のことを表すということです。私たちが「the」を使うとき、その話している具体的なことについてお互いに知っている、ということを意味します。

 

“I ate an apple and you ate an apple” - This sentence is talking about apples in general, there are many apples.
「I ate an apple and you ate an apple」 - この文章は、一般的にリンゴについて話をしていて、そこにはたくさんのリンゴがある、という事を意味しています。

“The apple I ate was sweet, but the apple you ate was sour”. This sentence is now specific because we are talking about the one specific apple we each ate.
「The apple I ate was sweet, but the apple you ate was sour.」-この文章は、それぞれの人が食べた特定の一つのリンゴについて話をしているので、具体的になっています。

 

“I’ll open a window, it’s hot in here” - This is general, there are many windows in the room and I will open one of them.
「I'll open a window, it's hot in here」 - この文章は一般的な内容です。部屋にはたくさんの窓があり、そのうちの一つを開けることを意味しています。

“I’ll close the window, it’s starting to get cold” - This is specific because there is only one window open and we are talking about that window.
「I'll close the window, it's starting to get cold」 - この文章は具体的です。開いている窓は一つしかなく、会話をしている人たちは、その窓について話しているのです。

 

There are some nouns that often take “the” when used in general conversation. These are usually places where people do specific activities.
一般的な会話では 「the」を使うことが多い名詞がいくつかあります。それらは通常、人々が特定の活動を行う場所です。

For example: 例えば:

“I went to the bank before coming here.” 「ここに来る前に銀行に行った」
“He goes to the gym three or four times a week.” 「週に3、4回ジムに通っている」
“Did you borrow that book from the library?” 「その本は図書館で借りたのですか?」
“I need to do some shopping in the supermarket.” 「スーパーで買い物をする必要があります」


The is a small word, but it has a big impact and one of the many problems learners is knowing when to use it. The key is to remember that you use “the” when you are talking about something specific. The distinction between general and specific cases is a very helpful one for understanding English and it is something we will come back to in a future post.

Theというのは、短いながら大きなインパクトを持った単語です。それをいつ使うべきなのか分からないということが、学習者にとっての悩みでもあるでしょう。大事なことは、何か具体的なことを話しているときには "the "を使う、これを覚えておくことです。一般的な場合と具体的な場合の区別は、英語を理解する上で非常に役立ちます。これについてはこれからも取り上げていきたいと思います。

戻る