Five Reasons Why I Started triplo

トリプロを始めた5つの理由

Posted:
- Tim Lake

I think we are doing something quite different with triplo. There are many foreign owned schools but I think few have started from the ground up with the aim of offering an alternative to the conventional we are aiming to offer something more, something different. I thought you might find it interesting to know some of the reasons why I started triplo and some of the thinking behind it, so in this blog post I will briefly give you 5 of the main reasons we are doing what we are doing.
トリプロは、一風変わった取り組みを行っていると思います。外国人が運営しているスクールは数多くありますが、独自の「英会話スクールのようなもの」を完全にゼロから作り上げた人はあまりいないでしょう。事実、僕たちは自分たちのことを「英会話スクール」とは呼びたくありません。もっと何か、別のものを目指しているんです。今回のブログでは、僕がなぜトリプロを立ち上げたのか?なぜ現在のような取り組みを行っているのか?その理由を簡単に5つ、皆さんにお伝えしたいと思います。

no textbooks

1.) A better way より良い方法

When I first came to Tokyo I was lucky that I found a teaching job at a small independent school in Shinjuku. It wasn’t one of the big name schools - Berlitz, GABA, Coco, ECC, Shane - and better for it. The American headteacher was essentially a polymath - a UX designer, artist, translator - and he had infused the founding of that branch with a particular approach to teaching. He didn’t demand we follow textbooks, and we were encouraged to create original material and to learn by doing. His own lessons were open and original allowing the students to bring their own ideas. It was inspiring and despite my early reliance on text books for basic material, it was a model I tried to emulate.
東京に来たばかりの時、幸運にも僕は新宿の小さな英会話スクールで講師の仕事に就くことができました。それは、ベルリッツやGABA、Coco塾やECC、シェーンのような大手のスクールではありませんでした ー むしろそれが良かったのですが。当時教頭だったアメリカ人講師は、大変な博学者でした。UXデザイナーであり、アーティストであり、翻訳者でもあったんです。そしてそれらの知識を英語教授の中にも上手く取り入れていました。彼は僕たちに教科書を使うように要求せず、自分たちでオリジナルの教材を作るように勧めて、実際にやってみながら学べば良いのだと教えてくれました。彼のレッスンは型にはまらず、生徒が提案したアイディアを使って行うこともありました。当時教科書に頼っていた僕は、彼から多大な影響を受け、ぜひ見習いたいと思ったのです。

As the years rolled by things changed at that school. The headteacher left, the ownership changed, and as the school started to resemble the usual eikaiwa more and more, a lot of the creative energy and autonomy from the early days was lost. Change is always difficult, but I was suddenly more aware of the realities of the eikaiwa industry and the eikaiwa style. Through my reading and memories of the old days I started to see things differently and to feel that there must be a better way to do this teaching and learning thing. I had the feeling that the basic principles of the eikawa model were broken, if they were ever good in the first place, and that those principles were not the best for learners/students or teachers.
何年かが経ち、そのスクールは変わっていきました。その教頭は退職し、経営元の会社も変わり、どんどん普通の英会話スクールのようになっていきました。以前の創造性や独自性は失われていったんです。変化というのは往々にして困難なものですが、僕はそれによって英会話スクールとその業界の現実とはどういうものなのかに気付かされました。読んだ本や記憶に残っていた以前のスクールのやり方を通して、僕は授業や学習方法にはもっと良い方法があるのではないかと思い始めました。かつては良しとされていた英会話スクールの基本原理はもう崩壊している、学習者や生徒、そして講師にとって最良のものではないと感じたのです。

triplo then, inspired by those early experiences, is an attempt to develop a new set of principles and way of doing things that is good for both learners and teachers. I wanted to try out new and more interesting approaches to learning that drew on "Content and Language Integrated Learning” (CLIL), Task-Based Learning (TBL), Extensive Reading, and other developments in education. The old eikaiwas are stuck in their old ways, they don’t have the flexibility to change and experiment with other ways of doing things - it’s safer to stick with what they know.
トリプロはそんな過去の経験から、新しい基本原理と学習者・講師双方にとって良い方法を試すべく立ち上がりました。「CLIL」(教科学習と語学を統合したアプローチ)、「TBL」(タスクに基づく言語指導法)、そして多読など新しくてもっと面白そうな教育方法を取り入れてみたかったのです。古い英会話スクールは昔からのやり方に固執し、変えたり実験したりする柔軟性がありません。すでに知っているやり方のほうが安全だから、なのでしょうけど。

2.) No textbooks 教科書は使わない

Most other schools rely on textbooks or other pre-prepared material. They have good reasons for this but in a lot of cases this material is uninteresting, prescriptive and disconnected from the learner’s lives. It gives little room for either the teacher or the learners to bring themselves and connect to the material. This can be compensated for with good teaching, but learning stuff from a textbook page is not enough anymore, if it ever was. Original material is better than a standardized text book; taking from CLIL and TBL, as well as things like design thinking, we want to try different kinds of lessons that don’t involve simply answering the questions in the book, that can be tailored more specifically to the needs and interests of our learners, and that get us involved in doing something creative. Moreover, as we’ve gone on with triplo we have increasingly realized that interesting content is very important; it gives us a chance to learn things through English, incorporating our own ideas, from news to art, music to philosophy. We are not just teaching or learning English, as most schools do. We want to teach something... and English.
他のほとんどのスクールは教科書やすでに用意された教材に頼っています。もちろん既成の教材を使うことが良い理由もあるでしょう。しかし、多くの場合それらの教材は退屈で、慣例的で、学習者の実生活にはあまり関わりのないものだったりします。講師も学習者も、深く入り込めません。教え方を工夫すればある程度は克服できますが、結局教科書から学べることは限られています。たとえ最初は良くても、です。これに対しオリジナルの教材は、単に質問に答えるような規格化された教材よりも良いと考えます。CLILやTBL、そしてデザイン思考のようなアイディアを取り入れた様々な方法の方が、学習者のニーズや関心にぴったり合わせることができます。みんな何かクリエイティブなことをしようと思えます。さらに、トリプロが始まってからは、コンテンツの面白さが重要だということが以前よりもよくわかってきました。英語を通して物事を学ぶことができますし、ニュースやアート、音楽や哲学などから自分たちのアイディアを組み込むこともできます。多くのスクールがやっているようにただ英語を教えているわけじゃなく、英語とそれ以外の何かを教えたいと考えているのです。

3.) Working conditions 労働条件

Another reason was that I wanted to create a good place to work, somewhere that was fun, allowed for personal development and freedom to follow my own interests. I was lucky that when I started teaching I was working for a relatively good company with good working conditions, but as periodic articles in the Japan Times highlight, this is not the case for many people working in language schools. They suffer long hours, poor conditions, low pay and in many cases the contracts are also basically illegal under Japanese Employment Law (if they don’t let you take a copy of your contract home, you know it’s basically not legal). Perhaps some people, who are teaching English for a year or two as an “experience”, don’t mind, but when I started to consider the long term options of working in the language teaching industry I decided that making a place I, and others, wanted to work was the best option.
働く場所として良い場所を作りたかった、というのもトリプロを立ち上げた理由の1つです。楽しくて、自己成長できて、自分の興味のあることを表現できる自由のある、そんな場所です。僕は最初に教えたスクールが比較的良い労働条件の会社だったので幸運だったと思いますが、語学スクールで働く人たちの多くはそんな環境にはないというのをジャパンタイムスでよく見かけていました。長時間労働に悪環境、低賃金は当たり前で、労働基準法を違反した条件で雇用契約させられているケースも多いですよね(雇用契約書のコピーを持ち帰らせてくれなかった時には、それが合法のものではないとわかりました)。英語の先生を単なる「経験」として1〜2年やってみたいと言うのならそこまで気にならないかもしれません。でも僕は語学講師として長期間この業界でやっていこうと考えていたので、職場は働きたいと思える場所にしようと決めました。

4.) Learning over profit 利益ではなく教育が目的

The essentially exploitive working conditions lead to another thing about most eikaiwas, and this comes a little bit from personal experience too, that is these companies and schools are not really interested in you learning English or good teaching. They are, mostly, only interested in making money. A lot of schools were started in the “boom” era and saw it as a good business opportunity, treating their teachers and you, the students, as a means to an end. Even now there are some people running eikawas just to sell them for profit. However, businesses run only for profit end up being pretty meaningless, souless enterprises. Any profit should be a consequence of doing some well or providing a great service, but it is not the principle aim. So my point is that I started triplo because I believe in the value of learning and the importance of education in people’s lives. Providing the best learning experience and helping you achieve your goals is our aim.
実質、搾取されているとしか言えないような労働条件に加え、こういった企業やスクールは、生徒さんが英語をちゃんと学んでいるか、良いレッスンができているか、などにさほど興味がありません。彼らの関心事といえば、お金儲けだけです。多くのスクールはいわゆる「英会話ブーム」が起こった時代に、これは儲かるビジネスだとばかりに立ち上がりました。講師や生徒はその道具にすぎなかったのです。現在もなお、利益のためだけに英会話スクールを運営している人たちはいるでしょう。どんな利益も、良いサービスを提供することによって得られるものなのに、それが目的にはなっていません。つまり僕が言いたいのはこういうことです ー トリプロを始めたのは、学びと教育は人々の生活にとって価値のあることだと信じているからです。良い学びの環境を提供することと、目標達成を助けることが僕たちの目的です。

5.)The space matters スペースの重要性

For the most part I’ve been very lucky with a lot of the spaces I’ve taught in - big windows, natural light, spacey, clean - but I have taught in and seen some pretty uninspiring “classrooms” that are little more than windowless boxes, more resembling prisons than places to grow your mind. In other cases, I have often wondered why a space for learning needs to look like a cold, corporate office. So, it is not usually the first thing that comes to mind when we think about teaching and learning, and it may not seem that important, but the space does matter. The space, the surroundings, the environment go a long way to creating an inspiring atmosphere to work, learn, collaborate and create in. It should help you relax, but also stimulate the senses, facilitate communication and community. That’s why our slightly open plan space mixes a cafe, a library, a living room and an art gallery. It’s flexible and user friendly, and the space allows us to put more of ourselves into it, it reflects us, and, hopefully, you. The space shows, physically, our philosophy.
幸運なことに僕が教えてきたスクールのスペースは、良い環境のところが多かったです。大きな窓があり、自然光が入り、広くて清潔なところばかりです。でも、好きになれないものもありました。窓のない箱のような教室です。成長するための場所というより刑務所に近いですよね。その他、僕はいつも、なぜ学ぶためのスペースが冷たいオフィスのような場所でなければならないのだろうと思っていました。普通、教えるスペースの環境についてはそこまで深く考えないかもしれないですし、重要でないと思われるかもしれません。しかし、重要なのです。スペース・環境は、やる気を起こさせる雰囲気を作り出し、学び、共に働き、創造するのに大きな役割を担います。だからこそトリプロは、カフェ、図書館、リビングルーム、アートギャラリーがすべて融合したような開放的な空間にしているんです。いろんな利用目的に適応しているし、みんなが使いやすく、物事に集中して取り組めます。このスペースは僕たちの内面や哲学を物質的に反映しているのです。そして、あなたの一面も表現できる場であってほしいと思っています。

spacematters
coffee

There are many reasons to start any business, and many reasons why we started triplo but I hope this has given you some insight into why we are doing what we are doing. We want to help you learn in a way that is more effective and fun, that uses material relevant to our and your interests, all in a unique space that is a great place to work, study, socialise or simply read a book and drink coffee.
人々がビジネスを始めるきっかけは様々だし、トリプロを始めた理由もたくさんありますが、なぜ僕たちがこのスクールを立ち上げたのか、このブログで少しでも分かってもらえたらと思います。働く場所として、勉強する場所として、社交の場所として、コーヒーを飲みながら読書をする場所として、他にはないこのユニークな空間を楽しんでください。あなたや僕たち自身が興味のある教材を使って、効果的に楽しく学べるよう手助けしたいと思います。

戻る