Four Key Skills You Need to Develop

伸ばすべき4つの重要なスキルとは

| - Tim Lake |

伸ばすべき4つの重要なスキルとは

Education is changing, it has to change. The world of work is not the same as it was twenty years ago, let alone one hundred and fifty years ago, when mass education was first widely rolled out to provide educated workers for the industrialising world. The problem facing education today is that the knowledge that you learn at school or university is quickly becoming out of date because of the pace of change in technology and the work place. The question then is, what do I need to learn? First of all you need to learn to be a “dynamic learner”, someone who is able to develop their skills and knowledge as needs arise, but more than gaining knowledge, you need to harness four key skills that are transferable across domains - the "Four Cs” of creativity, collaboration, communication, and critical thinking.

教育は変化をし続けています。変化しなければならないものです。私たちの働く世界も変わり続け、150年前に工業化社会に対応するため労働者層向けの大衆教育が始まった時と比べればもちろんのこと、20年前とも違っていきてます。学校で学んだ知識は、職場や技術の現場で起こる変化の速さについていけないということが、現代における教育が直面している問題です。そこで、私たちは何を学ぶ必要があるのか、ということを考えてみましょう。まず第一に、必要に応じてスキルや知識を発展させることができる「動的学習者」になること。これは、知識を得ること以上に、どのような領域でも共通して使える4つの重要なスキル:Creativity, Collaboration, Communication, Critical thinking-創造性、コラボレーション、コミュニケーション、批判的思考という「4C」を活用することです。

 

Developed over a 10 year period by the National Education Association in the United States, the Four C’s are the central part of a “Framework for 21st Century Learning” and are considered important for success in education and in the modern workplace. The skills cut across particular knowledge areas and are applicable in all sorts of environments. Perhaps more importantly, they highlight areas of human ability that cannot easily be automated or replicated by machines.

4Cとは、アメリカの全米教育協会が10年間かけて発展させてきた「21世紀学習のためのフレームワーク」の核となる部分であり、現代の教育現場や職場で成功するために必要とされる4つのスキルとされています。これらのスキルは、特定の知識分野にとらわれず、あらゆる環境に適用することが可能です。重要な点は、これらが自動化や機械にとって代わられる事の無い人間のスキルに着目していることではないでしょうか。

 

Here is a brief overview of the Four Cs:
ここでは4つのCについて、概要を簡単に説明したいと思います。

 

Critical Thinking- クリティカルシンキング(批判的思考)

It can be difficult to pin down exactly what critical thinking is. It draws on ideas from philosophy and rhetoric, but boils down to questioning the assumptions behind a piece of information or a problem. Critical Thinking includes things like assessing strong and weak points, comparing and contrasting, analysing argumentation, looking for supporting evidence, reflecting on a process, seeing how the parts of something work together to make the whole, and so on. It helps you to problem solve by finding out what works or doesn’t work and why, and leads to making more balanced decisions. In the era of Fake News, critical thinking has never been more necessary for separating the truth from the trash, but more than that, critical thinking helps you to think better. Something we can all improve on.

クリティカルシンキング(批判的思考)を正確に定義するのは難しいかもしれません。クリティカルシンキングとは、哲学や修辞学の考え方を取り入れたものですが、要するに、情報や問題の背後にある仮定に疑問を呈することです。クリティカルシンキングには、長所と短所について評価すること、比較対照や議論の分析、裏付けとなる証拠を探すこと、プロセスの考察、何かを構成する一部分がどのように繋がって全体を構成しているかを見ること、などが含まれています。何がうまくいくのか、いかないのか、うまくいかない場合にはその理由を見極めることが問題解決に役立ち、よりバランスのとれた意思決定につながります。フェイクニュースが溢れる現代では、真実と偽の情報を見分けるためにクリティカルシンキングがこれまで以上に必要とされています。それ以上に、クリティカルシンキングはより良い思考に役立ちます。これは私たち全員が取り入れる事ができるのです。

 

Creativity - 創造性

Creativity is the flip side of critical thinking. Whereas critical thinking can be thought of as taking things apart to see how they work, creativity is about putting things together to make something new. Many people say they are not creative, but the essence of creativity is simple, it is about combining ideas in original ways. Although creativity is often associated with the arts, it is not restricted to that. You can be creative in your cooking by mixing ingredients or you can be creative at work when you find a new solution to a problem. Creativity is a skill that needs an open, curious mind, moreover it is something that humans are better at than machines. In the modern economy creativity is related closely to innovation and the continual process of trying to improve products, services, and making the world a better place.

創造性は批判的思考の対極にあります。批判的な思考は物事を分解してそれぞれがいかに働くか考える一方で、創造性は何か新しいものを作るために物事を一緒に合わせる事です。自分は創造的ではないと言う人は多いのですが、創造性の本質とは、アイディア同士をオリジナルな方法で組み合わせるというシンプルなものです。創造性は芸術と結びつけられることも多いですが、それだけではありません。食材を組み合わせて料理することや、問題に対する新しい解決策を見つけることも創造性の一種です。創造性はオープンで好奇心旺盛な心の持ち方をするスキルであり、機械よりも人間の方が得意とする所です。現代経済では、創造性はイノベーションと密接に関連しており、製品やサービスを改善し、世界をより良い場所にしようとする継続的なプロセスとも言えるのです。

 

Communication - コミュニケーション

The world has become smaller, at least the way we communicate has made it seem that way. Communication between someone in Tokyo and New York has become more or less instantaneous through digital technology. But, there is no point in solving problems with critical thinking, or being creative in finding solutions if you cannot communicate those ideas to other people. There are several key areas where we need to work on communication: the first is the simple exchange of ideas through conversations and discussions; the second is the ability to speak in front of people and present information; the third is being able to write clearly in emails, blog posts, or company reports. All of these require that you can explain your ideas and opinions clearly and concisely. And don’t forget good communication is also about listening.

世界は狭くなっています-私たちのコミュニケーション方法が、そのように感じる理由かもしれません。例えば東京とニューヨーク間ではデジタル技術により瞬時にコミュニケーションが取れます。しかし、批判的思考で問題を解決したり創造的に解決策を見つけるためには、コミュニケーションによってアイディアを人に伝えること必要です。コミュニケーションにはいくつか重要な分野があります。1つ目は会話やディスカッションを通じたアイディアを交換すること、2つ目は人前で話して情報を提示する能力、3つ目はEメールやブログ記事、会社の報告書などで明確に書く能力です。いずれも、自分の考えや意見を明確かつ簡潔に説明できることが求められます。そして、良いコミュニケーションとは「聞く」ことでもあることを忘れてはいけません。

 

Collaboration - コラボレーション(協働)

Bringing all these three elements together is collaboration. Working in a team has been shown not only to improve your own learning, but also leads to better outcomes and solutions than one person can achieve alone. That means you have to be able to work with other people. Typically insights in creativity or critical thinking occur when people from different backgrounds come together and manage to spark ideas in each other by sharing alternative perspectives. Rare indeed is the person who can come up with truly great solutions alone - even paradigms of innovation such as Thomas Edison worked as part of a team. While you need to be able to work alone, you will have to be able to collaborate with different people from around the world on different projects to really achieve great things.

これまでに紹介した3つの要素をすべて合わせることがコラボレーションです。チームでの仕事は、自分自身の学習向上だけでなく、人間一人が達成するよりも良い結果や解決策につながることがわかっています。つまり、他の人と一緒に仕事ができるようにならなければならないということです。一般的には、創造性や批判的思考から新しい考えが生まれる時というのは、異なるバックグラウンドを持つ人々が集まり、各々の視点を共有して新しいものを生み出そうと試行錯誤する中で発生します。トーマス・エジソンのようなイノベーションのパラダイムシフトを起こした人間でさえも、チームの一員として働いていたのです。一人で仕事ができることも必要ですが、本当に素晴らしいことを成し遂げるためには、世界中のさまざまなプロジェクトで色々な人たちと協力して仕事をする必要があるのです。

 

 

As you can see, while each of these are a specific skill, they all work together and complement each other - you need all of them. Yet they are all skills that can be learnt, practised and improved. It is really important to keep learning in order to give yourself more opportunities personally and professionally, so regardless of your interests or expertise there are no better things to work on developing than your “Four Cs”.

これまで見てきた要素はそれぞれが特定のスキルでありながら、お互いに作用しながら補い合う面があります。つまりすべてが必要なのです。しかし、これらは学習と実践により向上させることも可能です。個人が生活する上でも働く上でも、より多くの機会を得るためには学び続けることが本当に重要です。あなたの興味や専門性に関わらず、「4C」に取り組む事は何よりも大事だと言えるでしょう。

戻る