How to study more effectively

​​より効果的な学習方法

| - Tim Lake |

​​より効果的な学習方法とは : triplo

What’s the best way to study? In general or, specifically, for a test? Over the years there has been a lot of interest and research into how people learn and remember things from. From this, we can get some ideas on what are effective study methods. A fascinating point though, is that some of these same principles apply whether you are studying English for a TOEIC test or Chopin for a piano recital. So, here are some tips we have for better studying.

最善の学習方法とは、いったいどのようなものでしょう?一般的な学習方法、あるいは、特にテストに向けたベストな学習方法とは?何年もの間、人はどのようにして学び、物事を覚えていくのかということに対して、多くの関心が寄せられ、調査されてきました。ここから、効果的な学習方法というものについて、いくつかの着想を得ることが出来ます。そして、素晴らしいことに、ここにある原則のいくつかは、TOEICテストに向けての英語の勉強にも、ピアノ・リサイタルに向けてのショパンの練習にも、当てはめることが出来るのです。それでは、より良い学習のための秘訣をここに挙げていきましょう。

 

1.) Don’t cram 詰め込むべからず

Cramming doesn’t work. Rather than try to do all your studying in one chunk once a week, it is far more effective to divide your time into smaller study sessions. That means instead of doing 1 hour once a week, you should study for 20 minutes three times a week. Funny, the same is true for working out at the gym! Little and often is the way.

詰め込み学習には効果がありません。週に1回、まとまった時間にあれもこれもすべて勉強しようとするよりも、あなたの時間をより小さな枠に分けて勉強するほうが、はるかに効果的です。つまり、1週間に1時間の勉強をする代わりに、1週間に3回、20分の勉強をするべきだということです。面白いことに、ジムでのトレーニングにも同じことが言えるのです!少しずつ、そして頻度を上げて、というのがひとつの策です。

 

2.) Don’t cram! 詰め込むべからず!

Cramming doesn’t work and people can’t concentrate. Exam conditions aside it is very hard for people to concentrate fully for an extended period of time. Study periods of 25 - 30 minutes for adults are the best. Follow that with a 5 minute break where you get up from your desk, stretch, open the window and so on to let you mind relax. For children 15 - 20 minutes is probably good. Try this idea at work too. (This is the reason why our triplo lessons are often split into two 25 minutes sessions).

詰め込み学習には効果がない上に、集中が出来ません。試験などの状況は別にして、長時間にわたり、充分に集中することは大変困難です。大人であれば、25分から30分の学習時間がベストです。その後に5分の休憩を入れ、机から立ち上がり、ストレッチをしたり、窓を開けるなどしてリラックスするよう心がけましょう。子供であれば、15分から20分がおそらく適当でしょう。職場でもこの方法を試してみてください。(triploのレッスンが、25分ずつ、2セッションに区切られているのはこのためです。)

 

3.) Don’t cram!! 詰め込むべからず!!

Cramming doesn’t work. One of the most fascinating things to come out of learning research is called the “Forgetting Curve”. This plots the amount of time it takes you to forget something. Unsurprisingly, if you learn something only once you forget it quickly. However each time you reinforce something the amount of time it takes you to forget it grows longer. This means you should study using spaced repetition, which works by increasing the amount of time between reviews. For example, review something 2 days later, then 5 days after that, then 10 days after that etc. Try different spacings of review to find which is best for you.

詰め込み学習には効果がありません。学習調査から得られた、最も素晴らしいもののひとつに挙げられるのが、「忘却曲線」と呼ばれるものです。これは、記憶したものを忘れていくのに要する時間をグラフに示したものです。当然のことながら、たった一度しか学習しなければ、すぐに忘れてしまいます。しかし、随時、記憶をしっかりしたものにしていけば、それを忘れるまでの時間は長くなっていくのです。つまり、間隔をあけて、繰り返し学習するべきで、復習してから次の復習をするまでの期間を長くしていくことによって効果を発揮するのです。たとえば、2日後に復習をして、その後は5日後、その後はさらに10日後、など。いくつか違った期間を試し、あなたとってベストな復習の間隔を探してみましょう。

 

4.) Total recall. 完璧な記憶

One of the major weaknesses of common hide the answer vocabulary books - the ones with the red plastic sheets, and one of the biggest mistakes in learning is, confusing familiarity with recall. This happens every time you immediately check the answer and think “oh yeah, I knew that”. The word feels familiar because you’ve seen it before, but that doesn’t mean you can actually recall it. The way to avoid this problem is review something with the book or notes away/closed. Try to remember as much as you can by writing it down - before opening the book to check what you missed. In general, it is a good idea to find ways to regularly test yourself, even within a study session.

巷によくある、解答を隠すタイプの単語帳(赤いプラスティックのシートが付いているもの)の大きな弱点、そしてそれを使って学習する時の大きな間違いは、単語を見た時の「馴染みがある感覚」を、「記憶している」と取り違えてしまうことです。解答をすぐに確認して、「そうだ、この単語は知っていたぞ。」と思うたびに、この勘違いは起こります。その単語は、それまでに目にしているので、馴染みがあると感じてしまうのですが、実際に記憶出来ているわけではありません。この問題を避けるためには、本やノートを閉じた(伏せた)状態で復習することです。本を開いて、自分がどの単語を覚えていなかったか確認する前に、紙に書いて、出来るだけ自分で思い出すということをやってみましょう。一般的に、普段の勉強の中でも、定期的に自分の記憶をテストしていくのは良い方法と言えます。

 

5.) The hard stuff. 難しいこと

This is perhaps one of the key points to learning anything and relates to the previous point. Focus on the hard stuff, the things you don’t know or can’t do, the things that are slightly beyond your current abilities or knowledge. Reviewing and studying only what you already know, the easy stuff, does little to help you improve at something. Find the limit of what you know, the things you find difficult and work from there. It is only by stretching ourselves mentally, as well as physically, that we can grow.

これはおそらく何を学ぶにしても重要なポイントとなり、先に挙げた点にもつながることです。自分が解らなかったり出来ないと思っている難解なもの、今のあなたの能力や知識を少しだけ超えていることに焦点を当てましょう。既に知っていることを復習したり勉強するのは容易なことで、何か上達しようと思っているものにはあまり役に立ちません。自分がどこまで解っているのか、何が難しいのかを把握し、そこから取り組みましょう。メンタル面でも、身体面でも、限界まで引き伸ばしていくことが、私達が成長できる唯一の道です。

 

6.) Have specific goals. 明確な目標を持つ

I mean super specific goals. Find one skill that is weak or point that you don’t know , and practice that, as mentioned in point 5.) above. But, moreover be intentional about your study. Before you sit down decide a specific goal for that study session. What is the one thing you want to have completed or worked on? Also try to set bigger goals, where do you want be in 1 year from now? How about 5 years?

ここでお伝えしたいのは、非常に特化された目標のことです。自分が理解出来ていないことや、苦手だと感じているスキルをひとつだけ取り上げ、上記 5.) で述べたように、鍛練を重ねていくことです。それに加えて、意図を持ち計画的に勉強していきましょう。机に向かう前に、その時にする勉強の明確な目標を決めるのです。そこであなたが特にひとつ完全にマスターしたいこと、取り組みたいことは何ですか?また、より大きな目標も設定してみましょう。今から1年後、あなたはどうなっていたいですか?5年後はどうでしょう?

 

7.) Randomise. 変則化する

Don’t follow the same patterns, mix up the order in which you do things. This is very important when learning vocabulary for a language. You should try to avoid remembering words as part of a sequence, which means randomising the flash cards. This will improve your memory and learning. Randomising is also useful to apply in other areas. Don’t always follow the same pattern with your studying but mix up the order in which you do things instead. Your brain becomes more alert when it notices unfamiliar things and pays less attention when things are too familiar.

いつも同じパターンに従っていくのはやめて、物事を進める順序を入れ替えてみましょう。これは、ある言語の語彙を学ぶ時にとても重要なことです。一連の並びの中の一部として単語を覚えるのは避けるべきで、これはつまり、フラッシュカードの順番を変えるということです。こうすることで、記憶力、学習能力が向上します。パターンを変則化することは、他の分野に応用しても役立ちます。いつも同じ手順、順番で学習していく代わりに、順番を入れ替えて取り組みましょう。あなたの脳は、見慣れないものに気付いた時により活性化され、すっかり慣れきってしまったものには注意を向けなくなるものなのです。

 

8.) Make connections. 関連づけをする

Nothing exists in a vacuum. Most things are connected to other things. Whatever you are learning trying to see the connections between things, whether it is between specific vocabulary and a particular topic, or how a news story connects to a book you read. This is one reason we try to emphasise content at triplo, it helps you put the language you learn into a context and make connections with your existing knowledge. (More than that, though, the lines between topics, health, psychology, philosophy, science, history, literature and current affairs are much blurrier than you think. )

単体で、他と一切関わりを持たずに存在しているものは何もありません。たいていのものは、他のものとのつながりを持っています。何かを学ぼうとする時、それが何であったとしても、そこに関連性を見出すようにしましょう。ある話題において、単語がどのように関わり、その話題に特化した使われ方をしているのか、また、以前に読んだ本の内容がどのように関連してニュースに出てきたりするのか、関連づけて考えていくのです。triploがレッスンで提供する内容を重要視しているのは、あなたが学んでいる言語を文脈の中で正しく理解し、あなたの既存の知識と関連づけるのに役立ててほしいからです。(というよりも、健康、心理学、哲学、科学、歴史、文学、時事問題などのトピックの境界線は、想像以上にはっきりしないものなのですが。)

 

9.) Start with principles. 原則から始める

Where possible, start with learning the general principles and the essential basics, before thinking about how to apply them. This means don’t study for the test - learn the skills and then apply them to the test. One massive problem with a lot of education is that there is pressure to learn what is needed for the test, and as a result people fail to learn the principles and make the connections. This is very much true of the way English for TOEIC is often taught and studied.

可能であれば、どのように応用していくかを考える前に、一般的な原則や、最も重要な基礎から学習を始めましょう。つまり、テストのための勉強をするのではなく、能力を磨き、それをテストで発揮していくということです。多くの教育場面における重大な問題は、学習者がテストに必要とされるものを学ばなければいけないというプレッシャーに追われるあまり、原則をしっかりと身につけ損ねてしまったり、関連づけて考えることをしなくなってしまうことです。これは、TOEICのための英語を教える上でも、学習する上でも、極めてよく言えることです。

 


 

Basically, we think it’s best to avoid cramming. Although we admit that it is sometimes necessary, the effects are extremely short lived. Effective learning requires diligent, steady, focused work.

基本的には、詰め込み型の勉強を避けるのが最善の策です。時にはそれも必要だと認めるところではありますが、その効果は極端なまでに長続きしません。効果的な学習には、熱心さ、三日坊主にならない持続性、集中した目的意識が求められます。

 

So, there you are, nine ways to help you improve your general studying and learning English. ( And don’t forget these principles can be applied to almost anything ). I’m sure there are more. Do you have any suggestions?

ここに挙げてきたのが、あなたの一般的な学習と英語学習を向上させるための9つの方法です。(そして、これらの原則は、ほとんどすべてのことに応用出来るということを忘れないでください。)この他にもあるに違いありません。あなたのお勧めの方法はありますか?

 

Do the work, and enjoy it. これらに取り組み、楽しんでいきましょう。

戻る