6 tips to help you know you're improving

あなたが上達を感じるための6つのヒント

| - Tim Lake |

6 tips to understand improvement

When learning anything, from English to rock climbing, it can become increasingly hard to measure your progress and see that you are improving. You feel stuck. This can be immensely frustrating and de-motivating. With English language learners it tends to be more of a problem with upper-intermediate and advanced learners, who have already achieved a high level of language competency. It needn’t be - armed with a bit of knowledge and a few tips we can help you see your continued growth. So here are 6 tips to help you know you’re improving.

英語であろうとロッククライミングであろうと、続けていると上達を測るのはだんだんと難しくなってくるものです。成長していないような気がしてしまいます。
こうなってしまうと、苛立ちも起こりますし、モチベーションも下がります。
英語学習者に関しては、すでにハイレベルな言語能力に達し、中上級〜上級になると、上達を感じにくくなります。

でも大丈夫!少し知識があれば、継続的な上達を感じることは可能です。
今回は、あなたが上達を感じるための6つのヒントをお伝えしましょう。

 

1.) Understand the learning curve.
The learning curve was first observed by German psychologist Hermann Ebbinghaus in the 19th Century. It basically shows that in the early stage of learning something it is quite easy to gain a lot of knowledge in a short space of time, but as time goes by it takes more time and more effort to get better in increasingly smaller steps. This is not all that surprising, but it is helpful to be aware that the rate of improvement will slow over time, although never stop if worked at properly. You saw yourself improving a lot in the early stage of learning the basics, but it gets harder to see when you deal with the finer points and smaller details.

1.) 学習曲線を理解する
学習曲線は、19世紀にドイツの心理学者ハーマン・エビングハウスによって考案されました。
学習の初期段階では、多くの知識を短い期間で吸収することが容易にできます。
しかし、時間が経つにつれ、努力や時間を費やしても、成長する度合いが小さくなっていってしまうのです。
これは、皆さんご存知のことかと思います。たとえ正しい方法で継続的に勉強をしていても、実際に上達のスピードは下がってしまう。ただ、このことを意識しているだけでも、モチベーションを維持しやすくなるはずです。

learning curve

 

2.) Know your weak points.
When you are a complete beginner you don’t know anything, so learning anything and everything will help you improve. However as we get more competent at something it becomes harder to see what we don’t know, we don’t know where the holes in our knowledge are, but finding those weak points is the key to improving. It gives us something specific to work on and then we can measure the difference. In fact many people stop improving because they don’t know what to work on. One way to overcome this is to challenge yourself and push what you can do. It becomes very easy to stick to topics and patterns that you are comfortable with, so challenge yourself to do something out of your comfort zone. That way you can find what points you struggle with. Another idea to find your weak points as a language learner is to write out things you want to say. In writing you can more clearly see your weak points that are often overlooked when speaking.

2.) 自分の弱点を知る:
学習を始めたばかりの頃は何も知らないので、学ぶことすべてが上達になります。
しかし、ある程度の能力に達すると、自分が何を分かっていないのか、分からなくなってきます。この弱点を見つけることが、上達の鍵です。具体的に何を勉強すれば良いのか分かりますし、そうすればまた上達を感じることが出来るようになります。
事実、ほとんどの人が、何をしていいのか分からないがために、上達しなくなってしまいます。
これを乗り越える方法として、困難なことに挑戦し、出来ることをさらに伸ばすことが有効です。得意で楽しいと感じるトピックやパターンばかりを勉強するのではなく、新しい範囲にチャレンジし、できることを増やしていくことです。これにより、どんなところで躓いているかも発見できます。
また、自分の弱点を見つけるには、あなたが言いたいことを書いてみるというのも良い方法です。ライティングでは、スピーキングで見落としていた自分の苦手なポイントを発見しやすいものです。

 

3.) Have a specific goal in mind.
How can you know you’re improving if you are not aiming for anything specific? If you have a clear goal or vision of what you want to achieve with English, or who you want to be as an English speaker, it is easier to measure your progress towards that goal. Use small goals, and break big ones down into small parts.

3.)具体的な目標を持つ:
具体的な目標なしに、上達を感じることは難しいでしょう。英語で何を達成したいのか、英語話者としてどうなりたいのか、明確なゴールやビジョンを持っていれば、上達を測りやすくなります。 小さな目標を立てましょう。大きな目標を細分化してみましょう。

Possible targets for you to work towards are:
目標の例としては、下記のようなものがあります。

1. Memorizing new words in an area you are interested in. 興味のある分野の単語を覚える
2. Fixing a particular mistake you often make. 日頃からよくやってしまうミスを改善する
3. Aiming to get a better test score. テストでもっと高いスコアを狙う
4.Increasing your English reading speed. 英語の文章を読むスピードを上げる。

 

4.) Do regular benchmarks.
We are not particular fans of the TOEIC or Eiken test, for reasons we’ll explain another time, but they can provide a possible way to measure your improvement as well as give you a goal to aim at. However! You must actually focus on improving your English, not improving on how to take the test! Another way to benchmark your level is to use the Vocabulary Size Test (you can take it for free here). This roughly measures the size of your vocabulary, how many words you know. English has a large vocabulary and for more advanced learners building a varied vocabulary is one of the best things to focus on, therefore it is a useful measure of progress.

4.) 評価基準を設ける:
特にTOEICや英検をお薦めしているわけではありませんが、これらのテストは、目標を立てるのと同じように、上達を測るのに役に立つでしょう。しかし!テストの受け方ではなく、英語そのものの上達に力を注ぐべきです。
もう1つの評価基準としては、語彙力テスト(無料で受けられます)があります。ざっくりとではありますが、自分が何語くらい知っているかわかります。英語の語彙は無数にありますので、上級者は語彙力の強化をすることで、上達を測る良い基準となるでしょう。

 

5.) Learn something else.
Learning through English can give you motivation and a sense of improvement. Okay, this doesn’t exactly fix the problem directly, but rather than learning more about the subtleties and vagaries of English, you can use English to learn something else. Focus on topics and things you enjoy. This will help you give you a positive feeling that you are learning something - which is part of the problem - and actually you will be improving your English too, not least because you will be improving your vocabulary as mentioned in the previous point.

5.) 他の何かを学ぶ:
英語を通して何かを学ぶことで、モチベーションを上げ、上達につなげることができます。直接的な問題の解決にはならなくても、英語の微妙なニュアンスや曖昧な部分を追求するよりは、別の何かを英語を使って学んでみましょう。楽しめるトピックに集中すれば、何かを学んでいるんだというポジティブな感覚を持つことができます。前向きに勉強できない、という問題の解決にもなります。そして、実際は英語も上達します。何かを学ぶ過程で、語彙力も身につくからです。

 

6.) Get a coach.
All great performers and learners don’t achieve anything alone they always have other people to push and help them. A good coach or teacher will help you identify the particular areas you have trouble with and give you some specific things to work on to improve. They can also help you set goals. Moreover paying attention to the specific corrections you are given in a lesson is important. Some students don’t like to be corrected or repeat a corrected sentence, but one of the keys to improving is accepting your weak points and then practice, practice, practice. It’s a cliche, but true.

6.)コーチをつける:
結果を出している学習者たちには、必ず誰か後押ししてくれたり助けてくれたりするコーチがいるものです。良いコーチや指導者はあなたの弱点を見つけ出し、上達するための具体的なアドバイスをしてくれます。一緒に目標を立てても良いでしょう。レッスンの中で指摘された具体的な改善点に注意を払うことは、大変重要です。間違いを指摘されたり、正しい文章を言い直したがらない生徒さんがいますが、自分の弱点を受け入れて何度も何度も練習することが、上達の鍵です。これは昔から言われていることですが、事実なのです。

 

So there you go, 6 ideas to help you know you are improving. Although we are talking mostly about applying these to learning English, all these points are true for learning just about anything. Let us know which ones help you and if you have any other ideas, please tell us. We would love to hear them.

自分の上達度合いを知るための6つのヒントをお送りしました。主に英語学習についてをお話しましたが、これらは何を学ぶにしても当てはまることです。 役に立ったアイディアや、もっと良い案があればぜひ教えてください。みなさんの考えも聞きたいと思っています。

 

戻る