What types of language lesson do you like?

言語レッスンの種類

| - Tim Lake |

言語レッスンの種類

What kind of English lesson do you like? What kind of lesson helps you learn English the best? I’m sure you all have your own ideas about the best way to learn English, and over the years there have been a number of different styles in teaching a second language that have been in and out of fashion in the English classroom. To help you understand some of the approaches that we, and others use, we thought we’d give you a brief review of the popular styles in English teaching, that way you can understand more of what we do and think about what works best for you.

あなたはどんな英語レッスンが好きですか?どのようなレッスン方法が一番英語を学びやすいですか?最良の英語学習については、皆さんそれぞれの考え方があると思います。英語教室の第二言語教授法については、これまでも流行に左右されながら様々な種類が存在しました。私たちや他の教室で使用しているいくつかのアプローチをより理解していただくために、英語教育で一般的に用いられている教授スタイルについての簡単なレビューを共有したいと思います。私たちの英語学習についてもっと理解して頂き、あなたにとって一番良い方法についても考えてみて下さい。

 

1. The Grammar-Translation Method 文法訳読法

One of the oldest styles of teaching and learning English, this is now sometimes called the “Academic Style of Teaching”. It mostly consists of taking an English text, anything from a newspaper article to a piece of literature, and going through it line by line with the teacher. There is a lot of translation to the learner’s first language; interesting grammatical points are discussed and students are encouraged to look up words in their dictionaries. It is well suited to people who want to and are good at a more academic style of study, but it maybe doesn’t help much with using English in practical communication.

最も古い英語教授法、学習方法の一つです。現在では「アカデミックティーチングスタイル」と呼ばれることもあります。主に、新聞記事や文学などのあらゆる材料から、英語の文章を取り出し、教師と一緒に一行ずつ見ていくスタイルです。学習者の第一言語に訳す時には、多くの翻訳が考えられます。興味深い文法については議論され、生徒は辞書で単語を調べるように先生から促されます。アカデミックな学習スタイルを好み、そしてそれが得意な人には適した方法ですが、実際のコミュニケーションで英語を使用する時にはあまり役に立たないかもしれません。

 

2. Audiolingual Method オーディオリンガルメソッド

The Audiolingual method was very popular in the 1960s. It focuses on teaching spoken language mainly through the use of dialogues and drills. It used the then new technology of tape recordings to present language and then practice them in more or less structured patterns. There is little study of grammar, but rather it aims to learn a language through repetition and habit forming, so in many ways it is opposite to the grammar-translation method. The weak point is that it doesn’t really reflect the complexities of realistic communication.

オーディオリンガルメソッドとは、1960年代に非常に人気があった方法です。主に対話と練習を通して、話し言葉を教えることに特化しています。テープ録音という当時の新技術を用いて言語を聞き、大体同じ構造のパターンを練習しました。 文法についてはあまり着目していませんが、この目的は反復と習慣形成による言語学習のため、多くの点で文法訳読法とは逆だと言えます。弱点は、実際のコミュニケーションで起こりうる複雑な会話を反映していないことです。

 

3. The Communicative Style コミュニケーションスタイル

There was a big shift in the way languages were taught in the 1970s. Communication was seen as the main reason for language teaching and so teaching moved to focus on communication. It became so influential that many people have never experienced another method of teaching. The main goal was to give learners communicative confidence rather than grammatical or linguistic knowledge, by interacting in the classroom, with role-plays, tasks and information exchange. This is still the dominant method in many eikaiwa schools. It is suited to people who are more extroverted and less academic.

1970年代の言語教授法には大きな変化が起こりました。語学教育の主な理由はコミュニケーションであると考えられ、その教授法もコミュニケーションに焦点を当てるようになったのです。この影響は非常に大きく、結果として多くの人が他の指導方法を経験したことがありません。教室でロールプレイ、課題、および情報交換を行うことで、学習者が文法や言語の知識ではなく自信を持ってコミュニケーションができるようになることが目的とされました。これは、今でも多くの英会話学校で採用されている方法です。 外向的でアカデミックな方法をあまり好まない人に適しています。

 

4. Task-Based Learning Style タスクに基づく言語指導法

Task-based learning (TBL) has become very fashionable in the last few years. It can be seen as an extension of the communicative style. In a typical lesson a teacher will set up a task where students have to use language to communicate meaning and achieve a goal. Once the task has been completed the teacher will help to review and understand what language was used, and why. TBL is good for working on fluency and accuracy, but some people suggest it is difficult to completely acquire a new language this way.

タスクを用いたTBL(Task-Based Language learning)授業は、ここ数年で非常に流行しました。この方法は、コミュニケーションによる方法を拡張したスタイルと考えられます。典型的なレッスンでは、先生側が、生徒が言葉を使って意味を伝え、目標を達成するようなタスクを設定します。タスク完了後に先生は生徒が使用した言葉やその言葉を選んだ理由について一緒に振り返ります。TBLは流暢さや正確さを求めるのに適していますが、この方法で完全に新しい言語を習得するのは難しいと考える人もいます。

 

5. Other Styles その他の方法

There are several other less common styles:
あまり一般的ではありませんが、他にもいくつか方法があります。

Content and Language Integrated Learning (CLIL) 内容言語統合型学習(CLIL)

This is used in many schools, especially bi-lingual countries such as Canada, where a regular school subject, like science, is taught in a second language. It is effective for both language learning and content learning.

特にカナダのようなバイリンガルの国の学校で広く使用されている方法です。科学のような通常の科目が第二言語で教えられます。これは、言語と学習内容の両方に効果的です。

Community Language Learning コミュニティ言語学習

The students begin a conversation in their first language. This is translated by the teacher into the second language. The student repeats the phrase in the second language, and so on. Later the teacher will ask students to practice specific parts of the conversation.

生徒たちは母国語で会話します。それを教師が第二言語に翻訳します。そして生徒が第2言語のフレーズを繰り返します。その後、教師は特定の会話部分を練習するよう生徒に促します。

Dogme ELT

This is all about conversation between the students, and the teacher. There is no teaching method and learning the language comes from simply using it in conversation. The students are encouraged to bring whatever interests them to class.

生徒と教師による会話が全てです。教授方法は特になく、単純に会話に使う言葉から言語を学びます。生徒の興味対象をクラスの時に持ってくることを勧められます。

 

6. Mainstream English Language Teaching 主流の英語教育

While communicative language teaching might seem to be the main focus of many schools, in reality there is a mix of ideas from many of the different teaching methods, typically combining academic grammar focus with the drilling from the Audiolingual method, as well as communication activities. A typical feature of most modern language teaching is that the lesson will have a grammar point presented, students then do a structured practice, and finally they are asked to produce the grammar more freely. This is called PPP. As well as being popular in the classroom, it is a common structure in many textbooks.

多くの学校ではコミニケーションによる言語教育が中心となっているように見えるかもしれませんが、実際にはアカデミックな文法とオーディオリンガルメソッドによる練習、コミュニケーションアクティビティを組み合わせた、さまざまな教授法の組み合わせになっています。現在広く使われている言語教育の典型的な特徴としては、レッスン中に文法のポイントが提示され、生徒がパターン練習を行い、最後にその文法をより自由な形で使ってみる様に求められます。これはPPPと呼ばれ、教室で人気があるだけでなく、多くの教科書でも一般的な用いられています。

 


 

So, what do you think? Are you more academic and like to really focus on the grammar and rules of English, or are you more interested in collaborative tasks and free conversation? Whichever you think, it is important to understand that there is no one correct method for learning a language, and that there is no one method that will cover everything you need to learn a second, or third, language.

いかがでしたか?あなたはアカデミックで、英語の文法とルールに特化したいタイプですか、それとも共同しながらタスクをこなしたりフリースタイルの会話に興味がありますか? どちらであっても、言語を学習するための正しい方法というものは存在せず、第2言語または第3言語を学ぶのに万能なたった一つの方法は存在しないと理解することが重要ではないでしょうか。

 

出典:Second Language Learning and Language Teaching; Vivian Cook; 2016.

 

戻る