Why You Can't Learn English from an App.

アプリでは英語を学べない理由

| - Tim Lake |

アプリでは英語を学べない理由

An app for this and an app for that. There is a smartphone or web-app for almost everything these days, and they are extremely popular and, in most cases, useful. Of course as learners of English, or any other language, we are looking for ways to make our learning easier and more effective, and there are many popular apps for learning languages. However, the question remains, can you actually learn English through an app? The answer is yes and no. Here’s why.

これもアプリ、それもアプリで。このところ手元にはスマートフォンかウェブアプリがあるのが普通で、大変な人気を博している上に、大抵、便利ですよね。英語やその他の言語を学習する者としては、当然ながらより簡単で効果的に学習ができる方法を探し求めるものです。そして語学学習に人気のアプリは数多く存在します。しかしながら、疑問は残ります。実際のところ、アプリで英語は学べるのでしょうか? 答えはイエス、そしてノーです。その理由をご説明しましょう。

 

First the yes.

まずはイエスの理由から。

 

Vocabulary Builder - ボキャブラリービルダー

 

Apps are a good way to learn new vocabulary. One reason for this is that they make use of the technique of spaced repetition that we’ve discussed before - in particular apps such as memrise, anki, and iKnow do this - which is a very effective way to train your memory. The apps remove all the trouble of writing your own flashcards and tracking your review intervals, so they are exceedingly easy. They also have a bank of words, based on frequency, to learn from, which makes sure you cover most or all of the most frequent words in English. Most apps provide you with a way to listen to the words as well as read them. The gamified and addictive nature keeps you engaged and wanting to play. So all in all they can be quite effective for you to regularly interact with English and learn some new words.

アプリは、新しく語彙を学ぶのには適しています。理由の1つは、以前にも説明した間隔反復の学習法を使用しているからです。特に、memrise、anki、iKnowなどのアプリではこの方法を用いています。間隔反復は記憶力を高めるのに非常に有効です。自分でフラッシュカードを作成し、見直す間隔まで管理するいう面倒をアプリが解決してくれるため、とても簡単にできます。また、頻度に基づいて学習する単語帳もあります。これを使えば、英語で最も頻繁に使用される単語のほとんど或いはすべてを確実にカバーできます。大抵のアプリでは、言葉を聞くだけでなく読むこともできます。ゲーム化されていてのめり込むように作られているので、見ている方は夢中になり、プレイしたいという気持ちが続くのです。概して言うと、定期的に英語と触れ、新しい単語を学習するためにアプリは非常に有効であると思われます。

 

On to the no.

ではノーの理由はというと。

 

Passive Learning - 受動的な学習になる

 

Apps by their very nature encourage a more passive form of learning. It is not directed by you and you are not creating it. Intead, you are just responding to the app and its prompts. It is very easy to click and get the right answer in a multiple choice vocabulary quiz without really being engaged enough to enable deep learning.

アプリはその性質上、より受動的な学習スタイルを促進します。アプリを使う学習は、自分自身で仕向けたものではなく、作り上げたやり方でもありません。その代わり学習者はただ、アプリとその刺激に対して応答しているだけです。ディープラーニングを行うのに足りるだけの集中をせずとも、ボキャブラリークイズで複数の選択肢から一つをクリックして正しい答えを得るのはたやすいことです。

 

The vocabulary in an app is also not linked to you specifically. It is not your choice of words, and the sentences it gives you are not associated with you, your life, your interests or what you want to learn in any specific way. In some ways this can be good. It is a low barrier to entry and provides you with things to learn when you might not know where to start. However, it is good to be aware that you are more likely to learn better when you make more choices about what to learn.

それから、アプリに入っているボキャブラリーは使っている人専用に作られている訳でもありません。自分の言葉の選択ではないし、人生や興味に関係した言い回しでもありません。あるいは何か特別に学びたいと思っていることとも違います。それが良い事もあるでしょう。どこから始めたら良いのかも分からない場合には、スタート時の障壁が低いですから。ただし、学びたいことについてはきちんと選択をした方が、より確実な学習に繋がるということは知っておいた方が良いでしょう。

 

The main drawback of most apps is that they lack a productive element, that is: speaking and writing.
アプリ学習の大きな欠点は、生産的な要素、すなわち話すことと書くことが抜けていることです。例

 

The main drawback of most apps is that they lack a productive element, that is: speaking and writing. Although some apps, such as Duolingo, attempt to compensate for this, nevertheless apps can not really help you with creative language production that you need to become a confident language user.

アプリ学習の大きな欠点は、生産的な要素、すなわち話すことと書くことが抜けていることです。例えばDuolingoなどのアプリはこの点を補おうとしていますが、やはりアプリでは自信を持って言葉を話せる人になるために必要とされる創造的な言葉の取り扱いにおいて、本当の意味で役には立たないのです。

 

This leads us to...

そしてこれによって…

 

The Transfer problem - 実際に使う時の問題

 

How can memorising English words on an app help you speak English? In short, it can’t. This is because the two situations, besides the activities themselves, are not the same. Our learning is actually very context specific, so while you may be good at remembering the words when they appear on your language app, remembering them in a productive situation is completely different, requiring different skills, and therefore very hard. Your memory of the word is actually tied to the app and that way of studying.

アプリで覚えた英単語は、英語を話す時にどのように役立つでしょうか?端的に言えば、役立ちません。これは、英単語を「覚える」ことと「話す」という差があるということ以外に、シチュエーションの違いという理由があります。実は、語学学習というのは非常にコンテクストに即したものであり、言語アプリに表示された単語を覚えるのは得意な人でも、実生活の中で単語を覚えていくのとは全く違います。さらに要求されるスキルも異なるので、アプリで覚えた単語を話す時に使うのは大変に難しいことなのです。頭に記憶している英単語は、アプリと勉強した時のやり方にがっちりと紐づいているのです。

 

How can we take the knowledge that is learnt in the classroom or from a text-book, and use it out in the real world?
教室や教科書で学んだ知識をどのようにしたら、実際の状況で活用できるのだろうか?

 

This is an example of what’s called the Transfer Problem, and it’s not new. In fact, it is a problem that has plagued education in general for years. How can we take the knowledge that is learnt in the classroom or from a text-book, and use it out in the real world? The two situations are completely different and more than that we find it easier to remember something in the place or situation we originally learn it. You brain doesn’t just remember the fact, it remembers the whole situation - they are not entirely independent. In general it is very hard to transfer what you know from one domain to the next (Chess masters are good at chess, but despite what people commonly think, they are not smarter or better in other areas).

これはいわゆる移行問題と呼ばれるものの一例で、昔から言われていることです。実のところ、教育業界は長年にわたってこの問題に頭を悩ませてきました。教室や教科書で学んだ知識をどのようにしたら、実際の状況で活用できるのだろうか? 2つの状況は完全に異なっているという事実以上に、最初にそれを学んだ場所や状況で何かを思い出すことの方が簡単であることを知っています。脳は事実だけを覚えているのではなく、状況全体を覚えているからです。事実のみを切り離して覚えているのではなく。 一般に、ある分野において自分が知っていることを次の分野でそのまま使うというのはとても難しい事です。(例えばチェスの達人はチェスが得意ですが、他の分野でも優秀だったり賢かったりする訳ではありません。多くの人は思い違いをしているようですが)。

 

So, basically the English you learn on the app doesn’t transfer to the English you speak. (This is true for me and my Japanese learning). It is an inescapable fact that we learn by doing, and we can only learn the thing we want to learn by doing the thing we want to learn!

ですから、アプリで学習した英語は、基本的には英語を話す時にそのまま移行されません。(私自身、日本語学習で実感しています)。私たちは実際に何かを行う事から学び、自分達が学びたいと思うことをすることによってのみ、そのことを学べるのです!

 

But, there are some ways to compensate for this...

しかし、この問題を埋め合わせする方法がいくつかあります…

 

Some solutions - 解決案

 

You can’t learn English only from an app. At the very least you need to have a way to practice speaking. This means that a language app can be a good supplement to language lessons that focus on communication and actually using English. If you don’t take lessons, then try to find a good school or teacher to help you. Other options include using "meet ups” or conversation groups that focus on practicing speaking.

アプリからのみ英語を学ぶことはできません。最低でも、会話の練習は必要です。つまり、コミュニケーションや実際の英語を使う事をメインとした外国語レッスンを補足するという点で、言語アプリは役に立ちます。 レッスンを受けない場合であれば、良い学校や先生を見つけましょう。他にも「ミートアップ」やスピーキングの練習をメインにした会話グループへの参加などが考えられます。

 

This is what Gorka does for learning Swedish. He uses Duolingo everyday, but he joins a conversation group to actually practice speaking Swedish.

Gorkaはこの方法でスウェーデン語を学んでいます。毎日Duolingoを使っていますが、会話グループにも参加してスウェーデン語を実際に話す練習もしています。

 

It helps to make an effort to connect the words and phrases you are coming across in your app to real speaking. Try to remember those words and phrases and actually use them. Another option is to take the word in your app and make your own sentence in spoken or written form. Both of these things are about making a conscious effort to transfer what you know from the app to real life use.

これはアプリで出会った単語やフレーズを実際の会話で使ってみようとする時に役立ちます。アプリで単語やフレーズを覚えて、実際に使ってみてください。それ以外にも、アプリ内の単語を使って、自分が実際に話すときや書く時の文章を作ることもできます。これらはすなわち、アプリで学んだ事を実際に使うのだと意識的に努力していることになるのです。

 

Better still is that many apps, like Memrise, anki, iKnow, allow you to make custom vocabulary lists. This is much harder to do time wise, but making the additional effort to create original word lists and sentences that connect to your life and interests, or what you’ve learnt in class, will help you to make stronger memories and overcome the transfer problem too.

さらには、Memrise、anki、iKnowなどのアプリでは、単語リストをカスタマイズすることができます。 時間ははるかにかかりますが、自分の人生や興味、またはクラスで学んだことに関連したオリジナルの単語リストと文章をつくる事に時間を割けば、より記憶が確実になり、移行上の問題も克服しやすくなるでしょう。

 

One other thing that you can do to lessen the transfer problem a little is to randomise and mix up your study routine, whether this is with an app or not.
移行問題を多少なりとも軽減するもう1つの方法は、アプリを使用するかどうかにかかわらず、日々の学習内容をランダムにして混ぜることです。

 

One other thing that you can do to lessen the transfer problem a little is to randomise and mix up your study routine, whether this is with an app or not. If you don’t always study in the same place or at the same time, you can help a little to break the mental attachment to a specific context, making it easier to remember what you learn in different contexts. This also means trying not to sit in the same seat every lesson.

移行問題を多少なりとも軽減するもう1つの方法は、アプリを使用するかどうかにかかわらず、日々の学習内容をランダムにして混ぜることです。いつもと違う時間に違う場所で勉強すれば、頭が特定の状況に固定してしまうことを防ぎ、内容も覚えやすくなります。例えば、毎回違う席でレッスンを受ける事もこれに当たります。

 

Into the real world  - 現実の世界へ

 

As we’ve seen, among other things, the transfer problem makes it hard to learn a language from an app. That said, it is a valuable tool that we recommend to help you with your language learning. Just don’t forget the aim of learning a language is to communicate with real people - so you need to practice that and get your eyes out of your smartphone and into the world.

さてここまでの話で、特にアプリ学習においては移行上の問題があることがお分かり頂けたと思います。そうは言っても、アプリは語学学習を助けるという意味で私たちもお勧めしている貴重なツールです。ただ、語学学習の目的は、実在する人々とコミュニケーションを取ることであることを忘れないで欲しいと思っています。実践すること、スマートフォンからは目を話して世界に向けていきましょう。

 

戻る