the triplo classes

トリプロは、教育と学びに対する独特なアプローチを開拓しました。それは、人がどうすれば効果的に学び勉強するのか、という考え方とリサーチを基にしています。

このアプローチには「learn, extend, create」という3つのパーツがあります。この考え方は、レッスン内容などの小さなレベルで反映されているのはもちろん、 クラス作りやトリプロの基本的な理念などの大きなレベルでも反映されています。 それでは、この3つのパーツがどのようにトリプロの3種類のクラスに取り入れられているかを ご紹介します。

triploはCEFRという国際標準規格を採用した7段階のレベル分けを行っています。

また、triploのクラスもこのCEFR規格を基に構成しています。

A クラス:入門者、初心者、初級者向け
B クラス:中級者、中上級者向け
C クラス:上級者向け

triplo levels CEFR

「learn」「extend」「create」クラスは、すべてのレベルで受講でき、それぞれのレベルで違ったポイントに焦点を当てて学びます。

learn = discover and explore 発見と探究

「learn」クラスは、おそらく皆さんに最もなじみ深いスタイルのレッスンです。 言語そのものに焦点を当て、その言葉を理解することや、その言葉が持つ特徴を分析することを重視します。具体的には、文法や語彙、使い方などです。このク ラスでは、新しい言葉を紹介し、その言葉の形やルールを明確に説明します。

A = Basic Foundations 基礎固め(レベル1,2,3)

語彙や文法を学び、基本的な会話をするのに必要なスキルを身につけ、自己紹介(どこに住んでいるかなど)やごく簡単な情報交換ができるようにします。また、日常生活で使う表現やフレーズを学び、実用的な場面でコミュニケーションがとれるようにします。頻出単語1000〜2000語も一緒に学びます。トピックの例:

  • Giving Personal Information. 自己紹介
  • How to make and accept offers.依頼をする、受ける
  • Giving your opinion. 意見を述べる

B = Core Elements 核となる要素(レベル4,5)

よく使われる文法や、幅広い話題で使われる語彙に焦点を当てます。抽象的な話題にも対応できるようになるでしょう。旅行先ではどんな状況でも困らない程度に英語が話せるようになります。また、流暢に自分の夢や願望を話したり、出来事を伝えたり、意見を述べたりできるようになります。頻出単語2000〜5000語も一緒に学びます。トピックの例:

  • How to use modal verbs such as “should, might, would". などの助動詞の使い方
  • The uses of “if". if”の使い方
  • Comparing things. 比較の表現

C = Advanced Concepts 発展した議題(レベル6,7)

論議、論述において必要な文法のほか、ネイティブスピーカーが使う慣用句や隠喩表現を学んでいきます。学術的、社会的な場面、ビジネスシーンなどのさまざまな状況において、何の問題もなく自然で適切な英語を使えるようになります。また、常用されていない範囲の単語5000~8000も一緒に学びます。トピックの例:

  • Understanding metaphor in everyday use 隠喩とその使い方
  • Nouns and Adjectives from phrasal verbs 句動詞を形成する名詞と形容詞
  • Idioms used in different contexts, such as the news, business etc. 慣用句の様々な使い方(ニュースやビジネスなど)

extend = practice and expand 実用し、伸ばす

「extend」クラスは、より内容に重点を置いたものです。言語そのものを意識することを一旦やめて、何か別のことをしたり学んだりするために、その言 葉を実際に使ってみましょう。これらのレッスンでは、TEDやニュースの内容、歌の歌詞などの楽しいコンテンツを通して、より有意義な方法で自分が学んだ 言葉を練習し、使う練習をすることができます

A = Everyday Issues 日常生活の話題(レベル1,2,3)

日常生活の中にあるトピックから学びます。例えば、携帯電話の比較、写真、日本のお祭りなどの、身近にあるものについての様々な話題です。英語を使いながら、新しいことを学ぶ機会もあるでしょう。

B = Cultural Journeys 様々な文化背景から学ぶ(レベル4,5)

西洋文化や日本の文化についてなど、抽象的な話題で話します。世界にある有名な建物について話すこともあれば、読書感想文を書いたり、映画の批評をしたり、マナーやエチケット文化についても学ぶ機会があるでしょう。

C = Big Ideas 広範囲に及ぶ話題(レベル6,7)

人文、社会科学などの分野から、一般知識を広げていくための話題に触れていきます。著名な哲学者、歴史の重要な場面、心理学関連の議題、ニュース、時事問題などからのトピックで話すこともあります。

create = express and share 表現する、共有する

「create」クラスは、さらに開放的です。レッスンは順序立てて行われますが、自由に言葉を創り、あなたの考えやアイディアを表現することに
焦点を当てます。このクラスの目的は、できるだけたくさん話すこと、コミュニケーションすること、そして書くことです。これらのレッスンは、ディスカッション、討論、広範囲に及ぶ会話の練習、状況別ロールプレイを含みます

A = Communication Frameworks コミュニケーション力の構築 (レベル1,2,3)

シンプルなトピックについて話す際の自信をつけていきます。会話、質疑応答はもちろん、長い文章で答える練習や短いスピーチなども行います。考えや感じたこと、自分のアイディアについて英語で話す自信も身につきます。

B = Discussion Points 自分の考えを述べる(レベル4,5)

楽しい会話やディスカッションでは、他の人のアイディアを知ることができ、自分の意見を表現する場を与えてくれます。ディスカッションは特に効果があり、英語を話す自信がつくだけでなく、現代社会の様々な話題において自分の意見を明確に述べるスキルが身につきます。レッスンでは、カジュアルな会話、ディスカッションの練習、長い文章で詳細を伝える練習を行います。

C = Debate Perspectives 多方面から討論する(レベル6,7)

カジュアルな会話中でのディスカッションスキルが身についたら、今度は現在起こっている問題などのもっと深い議題について、討論できるようになりましょう。理由も述べながら自分の考えを相手に伝え、議論できる力を養います。

Writing Lab.ライティング・ラボ(レベル4,5,6,7)

他のcreateクラスが主にスピーキングに重点を置いているのに対し、ライティング・ラボでは、書くことによるアウトプットを行います。特定のトピックやスキルを定めて書くことで、たくさんの練習ができます。自宅で書いてきた原稿を講師がクラスでチェックしてフィードバックする形式です。ライティングのスキルは軽視されがちですが、実はコミュニケーション能力を上げるのにも効果的です。友人へのメール、フォーマルなメールや手紙、エッセイ、日記、詩など、様々なライティングスキルを、文法・語彙と共に学びます。

これらの3パーツのレッスンを一緒に受講していくことで、すべてのレベルの方が 効果的に学ぶことができます。初心者に近い方は、最初は「learn」クラスに集中することが必要かもしれませんし、ハイレベルの方にとっては「extend」や「create」のクラスの方が学べることが多くなるかもしれません。しかし、いずれにしても全てのレベルでこの3種類のクラスをミックスして受けることが、言語習得のためには必須です。

トリプロは他の学校に比べて、レッスン内容や語彙、そしてコミュニケーションに重きを置いていると 感じるでしょう。なぜこのような構成にしているかというと、言語学の研究上、物事を学習するために英語を使うこと、英語を使って何か別のことを学んだりやってみたりすること、それを有意義なコミュニケーションと結びつけることが、英語を最も効果的に学ぶ方法だと言われているからです

Other Classes

Spanish lessons at triplo

スペイン語、バスク語

現在、プライベートレッスンにてスペイン語、バスク語もご用意しております。英語のレッスンと同じスタイルです。詳細はお問い合わせください。

IELTS lessons at triplo

IELTS Workshop

IELTSワークショップは毎週水曜日です。毎週違ったセクションに焦点をあてて学びます。

TOEIC lessons at triplo

TOEIC Workshop

TOEICワークショップは毎週土曜日です。隔週でリスニング、リーディングを交互に行います。

business english skills at triplo

Business Skills

ビジネススキルのクラスは毎週水曜日の夜です。ミーティング、交渉、社交の場におけるビジネス英語を学びます。