Vowel Variations

 

発音ワークショップ 4:
【Vowel Variations】

発音ワークショップシリーズ第4弾となる今回は、英語の音の違いを体を使って学びます。フォーカスするのは母音です。英語の母音は種類が多く、日本語には存在しない音もあるため、日本人にとって難しい場合もあります。また、スペル通りの発音ではないこともあります。
このワークショップでは、さまざまな種類の母音を、実践をたくさん行いながら習得・理解していきます。あなたの英語の発音はよりナチュラルになるでしょう。

 

このワークショップで学べること:

余計な母音を入れないこと:
カタカナの影響で、実際には存在しない母音を発音しているのは大きな問題です。
<例> アイスクリーム(aisu-kuriimu → ice cream)
アンド(ando→ and)

日本人にとって聞き分けにくい違いについて:
日本人には聞き分けにくい上に、発音も難しい母音があります。
<例> caught と coat
bought と boat

母音1つと母音2つのサウンドについて:
英語の母音の音には、2種類あります。1つの音から成るシングルサウンド、2つの音のコンビネーションから成るサウンドです。
<例>key = 1つの母音
kay = 2つの母音
two = 1つの母音
toe = 2つの母音

長い母音と短い母音について:
母音には、長い音のものと短い音のものがあります。
<例> heat = 長い母音
hit = 短い母音

ワークショップの中では、リスニングおよび母音の発音練習をたくさん行います。 あなたの発音を上達させるためのフィードバックも行います。

 

●日程:07月21日 (土) 15:00~<90分間以上>

場所:triplo(新宿区新宿1-6-11 永井ビル2F)

対象:英語初心者~上級者まで

定員:10名<定員に達し次第受付終了>

講師:Tim Lake<講師歴13年, TEFL(英語教授法)取得>

費用:6,600円<!早割!先着3名まで10%OFF>
※triploメンバーで「イベント招待チケット」をお持ちの方は、3,000円引きになります!
(早割との併用はできません)

1ドリンクサービス付(^-^)