current exhibition

counter city

curated by Gorka Diez-Sanxurxo

April 22 - June 24 2017

Counter City 〜反抗する都市〜

From improvising sitting spaces and protecting an existing park in Tokyo to creating one in Barcelona. From liberating streets in London, Cape Town, and Bogota, to making them liveable in Bangalore. From creating dialogues with advertising corporations in Toronto, to offering cultural activities for all in Bilbao. From using art to bring communities together in New Orleans to building community social housing in Buenos Aires. From creating an open air library in Magdeburg and an alternative city in Copenhagen, to creating little patches of green in Brisbane and bike lanes in Dallas. With ‘Counter City’ triplo space presents fifteen specific examples of people around the world collaborating with each other and engaging in direct action activities to improve the quality of their public spaces and cities.
持ち合わせのもので作られた座る場所、東京にある公園の保護、バルセロナでの公園造設、ロンドン・ケープタウン・ボゴタにある公道の解放、バンガロールの人々の生活を住みやすくすること、トロントの広告会社と人々とのやりとり、ビルバオでの文化活動の提供、ニューオリンズでコミュニティをもたらしたアート、ブエノスアイレスで作られた共同社会住宅、マクデブルクに作られた屋外図書館、コペンハーゲンにある主流から外れた都市、ブリスベンに作られた植物スペース、ダラスの自転車道路。
「カウンター・シティ」では、triplo spaceが15に及ぶ具体的な例 ー 公共スペースと街をより良くするために、お互いに協力し合って率先的に活動する世界中の人々 ー を紹介します。

Public space is becoming centrifugal. Subordination to the car, privatisation of public spaces and services, brand overload, spatial and temporal use limitations, artefact misplacing, gentrification and parkthemetation, labour precarity, disregard of the human scale, and the growing prevalence of the Internet as the new public arena and meeting space are driving the very essence of public space, that is people and interaction among people, away. All this results in space sovereignty loss. The commons previously protected by public office is now occupied by corporations in a seemingly endless, disturbingly flawless process of 'processes of dispossession' (Buckhardt, 1995).
公共のスペースは、分離主義的になってきています。車が優先の社会、公共のスペース・サービスの民営化、そこらじゅうに目につくブランド、空間・時間利用の限界、意味不明に置かれている人工物、区域再開発による高級化、テーマパーク化、雇用不安、人間のスケールを無視した都市構造は、人々を分離させています。また、急速に普及しているインターネットは、新しい公共の広場やミーティングスペースのようなものです。そしてそれらは人々間の交流を妨げています。これらの全ての結果、私たちは公共スペースをコントロールすることができなくなりました。過去に官公庁に守られていた公共スペース・サービスは今や、終わりのない異常なほど完璧な”剥奪の過程”(ブルクハルト, 1995)の過程のもと、企業が占領しています。

Self-management initiatives and end user implication in design and decision making processes are tools to reverse public space sovereignty loss. They make communities stronger. Stronger communities bring sounder well-being. When participation channels are non-existent or dubious, overlooked communities can become communities of prosumers (Groiss, 2006) via direct action initiatives, rather than mere consumers/users of public space.
率先して共同管理しようとすること、利用者の公共スペースを自分たちの好きなように設計すること、そして意思決定の過程は、公共スペースの支配権を取り戻すためのツールとなります。これらは、コミュニティを強力にします。強力なコミュニティは健全な生活をもたらします。こういった活動への参加機会がないときは、不当に扱われた人々は単なる消費者・利用者になるのではなく、率先して問題解決行動を起こすことで、自給自活者(グロイス, 2006)のコミュニティを形成することもできます。

Implication, appropriation, direct action, and self-management, are necessary steps towards a regaining of public space and public space sovereignty. However, each of these steps is effectively hindered by their contexts. Job precarity hinders implication, overstuffing and the lack of shared symbols, or the imposition of them, hinders appropriation, and punitive laws hinder direct action.
参加、占有、率先的行動、独立的な活動は公共スペースとその支配権を取り戻すために必要不可欠なステップです。しかし、これらのステップは実質的には権威を持つ組織の都合で妨げられます。雇用不安は参加を邪魔します。溢れかえるモノや雑音、皆が共有できるシンボルの不足、そしてそれらの強制は占有を妨げます。そして刑罰法は問題解決行動を阻害します。

There is a Counter City where contestation, individual/informal or organised, happens. Where people take the initiative and civil disobedience is a legitimate resort, because how else can we regain an increasing privately owned and run public space?
個人的・私的、あるいは組織的な反対行動が起こっている「カウンター・シティ」があります。人々が率先して行動することや市民の不服従は正当な解決方法です。さもなくば、どうやって私たちは私的に所有できる公共スペースを取り戻し、増やすことができるのでしょうか?/

dates

4 April 2017 - 24 June 2017

previous exhibitions

forthcoming exhibitions