Why you don’t need to reach the level of a native speaker.

なぜ、ネイティブスピーカ―のレベルまで到達する必要がないのか。

| - Tim Lake |

なぜ、ネイティブスピーカ―のレベルまで到達する必要がないのか。

English as a common language.
共通言語としての英語

Did you know that there are more non-native users of English than native speakers? If you count all the people who learn and use English as a second language and as foreign language, then native speakers account for only about 25% of the total! But what is a native speaker? There is already British English, American English, Australian English, Canadian English, all of which have their own vocabulary, idioms and even grammar! But what about Singaporean English, or South African English, or Philippine English? When you consider how many people use English to communicate on some level, it is estimated at up to one third of people around the global can use English in a meaningful way. Unlike other major languages, due to the quirks of history and in part the flexibility of English as a language, English is a global language, and is now a major tool for intercultural communication.

あなたは、ネイティブスピーカ―よりも、ネイティブでなく英語を話している人の方が多いということを知っていましたか。 もし、英語を第二言語として、または外国語として学んだり使ったりしているすべての人を数えると、ネイティブスピーカーはわずかその約25%にしかあたらないのです。 しかし、ネイティブスピーカーって、何なのでしょう。 英語と言っても、すでにイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語や、カナダ英語があり、それらすべてが独自の語彙や、イディオム、そして文法までも独自のものがあるのです。 では、シンガポール英語や、南アフリカ英語、または、フィリピン英語はどうでしょう。 どのくらいの人たちがある程度のレベルで英語を使ってコミュニケーションをとっているかを考えた時、地球上の3分の1の人々が英語を有効的に使うことができているのです。 他の言語とは違い、歴史上の思いがけない数々の出来事や、言語としてはいくぶん柔軟な英語の性質などによって、英語は世界的な言語であり、今では国際的文化交流における重要なツールとなっています。

 

However, one might ask, how do all these users of English understand each other? There is a common anecdote that a room full of non-native speakers are communicating and understanding each other perfectly well in English until the native English speaker entered the room and confused everybody. This says a lot about the insensitivity of some native speakers to other users of English, but it also says something about English.

しかし、こう尋ねる人もいるかもしれません。 これらすべての英語を使う人々が、どうやって互いに理解しあうのか、と。 ここによく知られたお話があります。 一つの部屋にノンネイティブスピーカーがいっぱいに集まっていて、完璧に、上手に英語でコミュニケーションをとり、互いに理解し合っていました。 しかし、ネイティブスピーカーが部屋に入って来ると、彼らは皆、落ち着きを失ってまごついてしまったのです。 これは、ノンネイティブスピーカーに対して、一部のネイティブスピーカーの無神経さを大いに物語っているのですが、それと共に英語についても何らかを物語っています。

 

What you might call native speaker of English is quite different to the English used as a common language. In fact over the years, there is a version of English that has come to be called English as Lingua Franca (EFL). This is specific enough to be given a name and studied in its own right. It has several implications for English learners, especially when you consider that you are more likely to use English with another non-native speaker than you are with a native speaker.

ネイティブスピーカーの英語と呼ばれているものは、共通語として使われている英語とは全く違うものなのです。 事実、何年もの間、English as Lingua Franca (EFL)と呼ばれる特殊な型の英語があります。 これは、英語でありながら一つの名前が与えられ、独自に研究がなされるのには十分なほど特殊なものです。 英語学習者にとって、特にネイティブスピーカーを相手に英語を話すよりもノンネイティブスピーカーと英語で話しをする可能性がより高いということを考えると、これは、いくつもの意味を含んでいます。

 

Learning to speak like a native, is a lofty, and maybe redundant goal as an English learner. The honest truth is that unless you are going to live in an English-speaking country for a large part of your life, you can’t achieve it, nor would there be much point. For a start, native English contains a large number of colloquialisms and idioms unique to that type of native English - American, British and Australian English, all have different phrases and grammar variations that are common in that region. Learning these makes sense if you are a part of that language community, but for most learners there is little point as you are never likely to use them and if you did use them in a lingua franca situation, other people wouldn’t easily understand you. And this is the point of Lingua Franca English: we want to increase the probability of being understood and reduce the probability of being misunderstood. English as a Lingua Franca aims to make communication between non-native speakers as smooth as possible.

ネイティブのように話せるように習得しようとすることは、とても高い目標であり、それはおそらく英語学習者としては、必要以上の目標です。 正直、本当のところ、英語を主要言語としている国で人生の大半を生きていこうとしているのでなければ、その目標には到達できないし、できたとしてもあまり意味のない事でしょう。 まず、ネイティブの英語は、それぞれのタイプに特有の言葉遣いや、イディオムが大変多く存在します。 つまり、アメリカ英語、イギリス英語、そしてオーストラリア英語は、すべてそれぞれ異なり、その地域ごとに通用する慣用句や文法の変化形があります。 もし、その言語が使われている社会の一員になるならば、それら特有の言語を学ぶのも納得できますが、ほとんどの英語学習者にとっては、それらを使うことは決してないだろうと思われるので、ほとんど意味はありません。 そして、もし、Linga Francaを使うような状況下で(ノンネイティブ間で英語を世界の共通語として使う必要のある状況下)そういった特有の言語を使ったならば、他の人たちには、容易には理解してもらえないでしょう。 これが、Linga Franca英語の持つ意味なのです。 それはどういうことかというと、つまり、理解してもらえる確率を高め、誤解される確率を低くしたい、ということ。 それは、Linga Francaが目指したような、ノンネイティブスピーカー間で、できるだけ円滑なコミュニケーションをとることが可能な英語なのです。

 

The same is true for pronunciation, particularly acquiring an accent. Native speakers of different regions have different accents, and if you aim to be a true native speaker you will have to gain an accent too. But, again, that accent can result in you being difficult to understand by other users of English! What’s more important is ironing out the common pronunciation problems that you have because of interference from your mother tongue, that make your pronunciation unclear. For Japanese learners that means those Rs and Ls in particular.

同様の事が、発音についても、特にアクセントを習得することについても言えます。 異なった地域のネイティブスピーカーにはそれぞれに違ったアクセントがあり、もし、本物のネイティブスピーカーになることを目指すならば、アクセントも習得しなければなりません。 しかし、もう一度言いますが、そのアクセントは、結果的に他の英語を話す人たちから理解してもらうのは難しいということになります。 それより重要なのは、自分の母国語の干渉によってもたらされ、発音を不明瞭にさせてしまう一般的な発音の問題点を取り除いていくことです。 日本人の学習者にとってそれは、特にR や、L の発音になります。

 

Of course, both these points go for native speakers too. A lot of native speakers aren’t aware that they need to adjust their language to the people they are talking to. If they assume you know English they often assume you know the same English as they do. While it is unlikely they will use slang or very casual language, they may use colloquialisms and idioms that are uncommon outside of their own language community, and their accent may make it hard too. This results in native speakers struggling to be understood by non-native speakers who are otherwise very capable of using English! Hardly a good outcome for intercultural communication and collaboration!

もちろん、これらの点については、ネイティブスピーカーにも当てはまります。 多くのネイティブスピーカーは自分の話している相手に自分の話している言語を合わせる必要があるということに気づいていません。 もし、ネイティブスピーカーがあなたは英語をわかっていると思ったならば、彼らはあなたが彼らと同じ英語を知っているとみなしてしまうこともしばしばあります。 彼らがスラングや、かなり砕けた言葉を使うことは考えにくいですが、彼ら独自の言語領域以外では通用しない言葉遣いやイディオムを使うことはあるかもしれませんし、彼らのアクセントもまた理解するのを難しくするかもしれません。 これは、結果的には、そんなことがなければ英語を使う能力がとてもあるノンネイティブスピーカーに、ネイティブスピーカーが理解してもらうのに苦労することになるのです。 どう考えても、異文化交流や協力にとって良い結果とは言えません。

 

There are some common grammatical features of ELF that are a bit different from standard English too. However, the main point is that as an English user you don’t need to use a native speaker as a target or compare yourself to a native speaker, and think you aren’t good enough. What you ought to aim for is a kind of English that is understandable by other non-native users of English and aim for a level where you can express your ideas simply, effectively and smoothly.

ELFには、標準的な英語とは少し異なる、よく知られた文法的な特徴があります。 しかし、重要な点は、英語を話す者として、ネイティブスピーカーを目標とする必要もないし、自分自身をネイティブスピーカーと比較する必要も、自分の英語が未熟だと思う必要もないのです。 あなたが目指すべきものは、他のノンネイティブスピーカーに理解される英語の一種であり、自分の考えを簡単に、効果的に、そして円滑に表現することができるレベルを目指すことです。

 

So, what should you focus on?
では、何を集中して取り組むべきか。

 

1. Building vocabulary - 語彙力の構築

Make sure you know and can use the 3,000 words in the New General Service List. This is foundational vocabulary that is common across everyday English in all settings. After that, if you are doing business outside of Japan, then make sure you know the words on the Business Service List, and if you are studying abroad, the New Academic Words List.
New General Service List にある3,000語を確実に知っていて、使うことができるようにしましょう。 この基礎となる語彙は、すべての環境で日常英語において一般的なものです。 次に、あなたが外国で仕事をしようとしているならば、Business Service Listの語彙を、そしてもしあなたが海外留学をするならば、New Academic Words Listの語彙を確実に覚えるようにしましょう。

 

2. Pronunciation - 発音

Focus on the common areas that Japanese speakers have trouble with. As mentioned in the article this includes Rs and Ls, but there are other sounds too, such as “th”, “w” and some vowel sounds which need a bit of work. Don’t aim for a particular accent but aim to remove interference from Japanese that negatively impacts intercultural communication.
日本人が英語を話す場合に、一般的に苦手な部分に集中して取り組みましょう。 この記事で触れたように、その苦手な部分とはRやLなどですが、その他にも少し練習を必要とする “th”や、”w”、そしていくつかの母音があります。 特殊なアクセントを召すのではなく、異文化交流によくない影響を与える日本語の干渉を取り除くことを目指しましょう。

 

3. Fluency - 流暢さ

Speaking up and speaking out can be a challenge for Japanese speakers of English. On one level fluency is about confidence as much as anything else, and the main thing is not to worry about making mistakes. However, make sure you get plenty of practice speaking and coherently linking your ideas together. You may also need to practice your rhythm and phrasing which is quite different from Japanese.
日本人にとって、英語を思い切ってはっきりと話たり、大きな声で話すのは、難点になりかねません。あるレベルにおいては、流暢さは、その他のどんな要素とも同じ比重で、自信を持つことに関わってきます。そして、重要なことは、間違えることを恐れないことです。 しかし、スピーキングと、自分の意見をしっかり筋が通るようにスピーキンそのスピーキングにつなげていくことをたくさん練習する。これを確実に取り組んでいきましょう。  また、リズムや、日本人にとって大変難しいフレーズごとの区切り方を練習する必要もあるかもしれません。

 

4. Grammar - 文法

Although you should seek to remedy any grammatical issues that impede communication, such as poor sentence structure, once you have mastered the basics, don’t be overly concerned about small mistakes concerning articles, particles and prepositions when you are actually using English! Small mistakes don’t impede communication and are a common feature of English as a Lingua Franca.
お粗末な文の構成などでコミュニケーションの妨げになるような文法的問題点を直すように努めるべきではありますが、一度基礎を習得したら、実際に英語を使う時に冠詞や不変化詞、前置詞といった小さな間違いを気にしすぎてはいけません。 小さな間違いでコミュニケーションを妨げることはありませんし、それは、Linga Franca としての、世界共通語としての英語の広く知られている特徴なのです。

 

戻る